光コラボでうっかり損をしないためにしっかり調べておこう

・フレッツ光が行っている割引を確認すると現在の方が安いことがある

毎日の様にCMが流れる、ドコモ光などをはじめとする光コラボレーションサービスですが、一見オトクに見えても実際支払う料金が今までよりも高くなってしまうという事も多いです。
特に説明されることの少ない部分に関して乗り換えを検討する前にしっかり把握しておきましょう。

まず、現在利用しているフレッツ光の割引に関して把握し、申し込み忘れている割引などがないか確認しましょう。
NTT東日本、西日本ともににねん割などの割引を行っていますが、特にNTT西日本でのフレッツを利用している方は、Web光もっともっと割など、大きく割引が受けられるサービスがあり、転用することによりそれらの割引が終了します。
候補のプロバイダが決まっている場合などはどうしても料金が上がる場合などもあるので注意が必要です。

次にNTT東日本での光メンバーズクラブでのポイントに注意しましょう。
光メンバーズクラブに登録し、にねん割に申し込むことによりマンスリーポイントが毎月もらえます。
様々な商品等と交換できますが、このポイントはフレッツ光の料金の支払いにあてる事ができます。
フレッツ光を長期に利用している場合は最大で毎月500円ずつの割引を受けていることと同等となるのです。

これらの割引を含めて考えるとCMなどでアナウンスされている料金よりも、現在使用している料金の方が安いことがほとんどです。
調べると乗り換えても数百円しか安くならない、または高くなるということも。
まずは現在の正しい料金を把握して、それから比較してみるのがオススメです。